セフレを作るなら効率よく出会い系で

セフレを作るなら効率よく出会い系で

セフレ-出会い系
セフレ作りに欠かせないツールと言えば出会い系だと思います。
もちろん元カノや合コンで知り合った人をセフレにするやり方もありますが、いかんせん後処理が面倒なケースが多い。
別れる際に自分の知人などに余計なことを言われるリスクもあるので、出会い系のセフレは後腐れなく知人に知られる事も無いので重宝している。

出会い系のメリット

そして出会い系の一番のメリットと言えば効率よくセフレができることです。
セフレになる気が無い人に対してセフレになってとアピールしても意味がありません。どんなに顔が好みだろうと”その気”が無ければ口説けるわけがないのです。
出会い系の場合はセフレ希望のチェック欄などがある。これは相手の目的がハッキリしている目印になる為探す余計な手間が省ける。
あとは実際に会って交渉したりホテルに行って相性を決めるだけなのですごくシンプルな考え方で新しいセフレを効率良く探せる。

出会い系のリスク

ただし、出会い系を使う際のリスクももちろんある。
リスクの代表格として「美人局」がある。美人局対策は十分ネットでも書いていると思われるが、改めて自分の考えを入れて説明するとまず持たないこと。
「免許証」「余計なお金」「カード」など取り上げられて脅される心配のある物は家に置いておく必要がある。
だから自分は初回で会う女性は100均で買った小さい小銭ケースに現金を約1万円入れるだけで会いに行く。
これならば軽い飯代とホテルの休憩代位にはなるだろうからこれで十分だ。

そしてもうひとつのリスクはメンヘラです。
男性の中にはメンヘラが好きという人もいるのですが、自分は行動が縛られたり連絡がよく来る相手は嫌いです。
それに引っかかってこっちのメンタルもやられるのでなるべくこの手のタイプは控えるようにしたいのですが、メンヘラは出会い系をよく使うんです。
実際に会う前に気を付けることはメールの内容で知性を測る事です。メールをしてからまだ関係が浅いのに、もしくは年齢の割に「甘えてきたり・絵文字顔文字が多い・語尾に「にゃあ」を付ける」などがメンヘラ発見の鍵となります。

まとめ

最近は援助交際に対する取り締まりが厳しくなり援デリ業者などが減っているので出会い系ではポイントの無駄遣いが減っているのでとてもセフレ作りに良い環境になってきました。ですが、未だに個人で割り切り相手を募集しているネットたちんぼみたいなのはまだいます。本当に迷惑だし場面の混乱しか生み出さないので早く排除してほしい気持ちです。
大手の出会い系は今後クリーンな方向へ進む傾向があるので今のうちに信頼されるアカウントを作りセフレ作りに役立つツールとして使うと良いですよ。